身体改造好きのSM出会い

たまーにソフトなプレイも含まれますが、主に身体改造や奴隷開発などハードなプレイをご紹介するSM専門サイトです。※閲覧注意

身体改造

おっぱいは神秘!開発次第ではクリ逝き以上の快楽が感じられるおっぱい開発方法!

女性の性感帯の種類って色々ありますよね。オマンコ、クリトリス、アナル、そしておっぱい。
おっぱいと言うと乳首開発を思い浮かべる事が多いと思うのですが、チッチッ、侮る事なかれ。おっぱいの性感帯は乳首だけじゃないんです。乳房、そしてスペンス乳腺があります!
とは言っても、スペンス乳腺って何?初めて聞いたけど?という方が大半でしょう。おっぱいのGスポットとも言われるスペンス乳腺を知らずして一生を終えるおつもりですか?あなたが男性でも女性でも、実に勿体ない事です。
あなたが男性なら、パートナーの女性のスペンス乳腺を開発する事で未知の凄まじい快感を与える事が出来、女性をメロメロにする事が出来ますし、あなたが女性ならばより充実したオナニーライフ、またはパートナーの男性へのプレイ上での提案材料を手に入れる事が出来ます。
勿論、乳首や乳房そのものの愛撫や開発と組み合わせれば、より深い快楽を得る事が出来ます。
開発を進めて行けば、クリイキよりも快楽が得られる事も。
ではそこまでたどり着くにはどのような開発をしていけば良いのか?気になるところですよね。
一つずつ見て行きましょう。

まずはおなじみ、乳首開発についてです。
乳首だけでも、それなりに開発すればイク事が出来ます。
人によってはこれだけでクリ越えの気持ち良さを得る事もあるんです。
おっぱいにおいて他の部位を開発するにしても、どうも開発が進まないな~…という時に乳首を同時に弄ってみたりすると、乳首への刺激が起爆剤となって他の部位の開発が一気に進む事もあります。

そんな単体でも併せでも美味しい乳首ですが、どうやって開発すれば良いのでしょうか?
初心者ならば服の上から爪を立て、軽く引っ掻いてみたりして刺激を与えましょう。
物足りなくなったらコリコリと指で抓ってみるのもありです。
それでも我慢出来なくなったら、服の上からではなく直接触って刺激してみましょう。
ローションを塗って滑りを良くすると、ぬめりが程よく優しい刺激となって、より快感が得られます。

毎日続けていくことが大事ですが、やがて上記のような開発方法でも物足りなくなって来るでしょう。
そういう時は、ブラシで軽く乳首を刺激してみたり、ボールペンの先っぽでツンツンと刺激してみたり。
それまでとは違う刺激を与えましょう。
その刺激にも慣れてしまったようであれば、乳首吸引器や乳首用のローターをネットショップで購入し、使用してみるのもオススメです。
乳首クリップなんて物も売っていて、先端に錘のついている物もありますから徹底的に乳首をいじめたかったり開発したい人にはうってつけです。

また、外出先でも開発したいのであればスポールバンがおススメです。肩こり等に使われる薬局でも手に入るシール状の鍼です。
鍼というとたじろいでしまうかもしれませんが、軽くチクッとした痛みが走るだけですからご安心を。

最初のチクッとした痛みは一瞬で、その後はじんわりと暖かいようなむず痒いような刺激がじんじんと乳首に広がります。

一日4~6時間を目安につけ、3日に一回は貼らない日を設けると良いでしょう。

乳首を休ませる日を設ける事により乳首が刺激に慣れる事を防ぎつつ、感度を上げていく事が出来ます。

それと滅多にない事ではありますが、稀にスポールバンを使用していて肌がかぶれる人がいます。

もし肌に痒さを感じたら、無理をせず中止してくださいね。

こうして安全に開発をして行き、乳首だけでイけるような状態を目指しましょう。

②乳房そのものの開発


こちらはスペンス乳腺や乳首というよりは、おっぱいそのものを開発するというニュアンスになります。
例えば挿入中にそのまま乳房を揉みしだく、乳首責め中に乳房を揉みしだく、など。
他の刺激と併せて刺激を与える事により、最終的には乳揉みだけでイケるようになるんです。
例えば、緊縛している時。乳房をぎゅっと縛って、そこにローションを垂らしてヌルヌルの状態にします。
ひたすら乳房をヌルヌルの状態で揉みしだいたり、乳首に触れそうで触れない感じで乳首をじらしながら、しっかり乳房に刺激を与え続けます。
こうする事により、乳房そのものへの刺激への感度も上げて行くことが出来るというわけです。

③スペンス乳腺の開発


いよいよスペンス乳腺についてです。
冒頭でも述べたように、ここはおっぱいのGスポットとも言われていて、オマンコの中のGスポットと同じく開発すれば開発しただけ敏感に、そして深く快楽を感じる事が出来るスポットなのです。
つまり、クリトリス以上の快感を得るための鍵を握るスポットとも言えます。
そして気になるのは、胸の大きさによってスペンス乳腺の開発の難易度は変わるのか?というところですが、ご安心下さい、変わりません。

そんなスペンス乳腺の位置ですが、場所は女性の脇からおっぱいの側面にかけてのラインです。そこに密集するようにスペンス乳腺が集まっています。
ゆっくり揉むなどして刺激を与えて、しかしあくまでも乳首には触れずに時間をかけてほぐしていきましょう。
指を動かすというよりは、手のひらで大きくほぐしてあげる事を意識してください。
繰り返していく内に、さわさわとさするだけで「気持ち良い」という感覚を得ることが出来ます。ここまで来ればあと一歩です。

「気持ち良い」という感覚が得られるようになって、ようやく色々解禁する事が出来ます。
おもちゃやチンポを挿入しながらスペンス乳腺を刺激したり、乳首を思う存分弄りながらスペンス乳腺を揉みしだいたりしてみましょう。
また、仰向けになっていれば脂肪が伸びる為、よりスペンス乳腺が気持ち良いと感じるようになるのです。
極めれば、ここを軽く揉むだけで激しい快楽を得る事が出来る=クリイキ以上の快楽を得る事が出来ます。

開発序盤はくすぐったさの方が勝るかもしれませんが、徐々に気持ち良さの方が勝って来ますので焦らずに行きましょう。

④まとめ


スペンス乳腺というあまり耳慣れない性感帯も含めておっぱいの開発方法をまとめてみました。
特にスペンス乳腺の開発については、最初くすぐったさの方が勝りますので、女性側としては「本当にこの方法であってるのかな…」と不安になるかと思います。
もし男性が女性に対して行う場合は、不安を払拭するように優しく言葉で「最初はくすぐったいかもしれないけど大丈夫だから、力を抜いてリラックスしてね」などと声掛けしてあげると良いでしょう。
スペンス乳腺の開発の仕方自体が、女性に対して乳房を優しく刺激する動作が主体となりますので、女性の気持ちをほぐしやすく、また女性自身も「とても優しく愛撫されている感覚に陥る」と感じるので、性感帯だけでなくパートナーとの絆を深めるのにもうってつけの開発だと思います。
そんなメリットしかない上にクリイキよりも深い快楽が得られるかもしれないとなると、これはもう開発するしかないですよね。

勿論他の部位、乳首や乳房そのものを開発する事も大事です。
(スペンス乳腺開発の初期段階では、乳首を触りながらのスペンス腺開発は避けた方が良いのですが、単体でならOKです)
他の部位の感度を上げる事によって自身の体自体が快楽を感じやすくなるので、スペンス乳腺に留まらず他の部位もどんどん開発していくべきです。
さあ、積極的におっぱいを開発して、めくるめく快楽を存分に享受しましょう!


人気SMコミュニティ

女王様系サイトランキング

SMサイトランキング

フェチ特殊系サイトランキング



Return to Top ▲Return to Top ▲