身体改造好きのSM出会い

たまーにソフトなプレイも含まれますが、主に身体改造や奴隷開発などハードなプレイをご紹介するSM専門サイトです。※閲覧注意

プレイ内容

クリ逝きや膣逝きさせたいS男にオススメ!クリ逝き・膣逝きそれぞれが出来る体にする為に最適な道具!

オナニーとかセックスで、クリ逝きとか膣逝きって良く聞くけど、正直どんな違いがあるのか分からない…。
もしくは、もっと気持ち良くクリ逝きや膣逝きをしてみたいと思っているけれど、何をしたら良いのか分からないし、そもそも何を使えば良いのか分からない。
もしくは、もっと気持ち良くクリ逝きや膣逝きをしてみたいけど具体的にどうすれば良いのか分からず、悶々と過ごしている…。
そんな女性って、結構多いんですよね。
それで刺激に慣れていく内に、彼氏や旦那とのセックスがマンネリ化して来てしまったり。そのまま「ま、いいか」で妥協してしまう…これって、凄く勿体ないことなんです。

実はちょっとしたグッズを使って、適切な方法で開発をするだけで、クリ逝きも膣逝きも出来るようになるのに。
出来ない状態のまま人生を終えて行くなんて。特に膣イキは頭が真っ白になる程の快楽を得られるというのに、それを知らないまま女性として生きていくのは非常に勿体ないと思うのです。

じゃあ、どうしたらクリ逝きや膣イキが出来る、または十分に味わうことが出来るようになるんでしょうか?
今回はその辺りを深堀りしてみましょう。

①クリ逝きと膣逝き(中イキ)の違いって?


クリ逝きがクリトリスを刺激してイク事、対する膣逝きは、膣を刺激して膣でイク事じゃないの?と思っている方、結構多いんですよね。
でも…厳密にはそれ、違うんですよ。
クリ逝きがクリトリスを刺激してイク事で、膣逝きも実は”クリトリスを刺激してイク事”なんです。
え?どういう事?と頭上に「?」マークが出てしまったのではないでしょうか。
詳しく解説すると、私達の知っているクリトリスは、クリトリス全体のほぼ一部が外に露出しているだけ。
残りは体内にある、という事なのです。
つまり膣イキ(中イキ)とは、外からクリトリスを刺激していないだけで、中(膣)から体内のクリトリスを刺激しイっている。
つまり、クリトリスを外から刺激するか、中から刺激するかの違いだけ。
「膣イキはGスポットを刺激してイク事である。」というのはすなわち、「Gスポット(クリトリスの一部)を刺激してイク」というのと同じなのです。

クリ逝きと膣逝きの難易度ですが、外からクリトリスを直接刺激する方が触りやすいですし、よりイキやすいです。
一方の膣逝きは、指やおもちゃ、チンポをオマンコに挿れて気持ち良いところを探って行ったり、しっくり来る箇所を見つけなければならなかったりと、中々に手間暇掛けなければなりません。
そのため、クリ逝きの方がイキ易いのは誰が見ても明らか。

それにも関わらず、膣イキしたい!という人たちが後を絶たないワケ。
それはズバリ、膣イキの方が気持ち良い!という方々が多いためです。勿論、個人差はあるんですけどね。
おもちゃや指、チンポを挿入している時に、外のクリトリスが当たって一緒に刺激される事が多いので気持ち良さが増幅するパターンが多いようです。
メンタル面では、相手が居る場合は相手と繋がりながらイクので、相手と繋がっている幸福感を感じて大いに満たされるのを味わうことが出来ます。

そしてクリ逝きは男性の射精と同じように、一回出してしまったらそれで終わりという感じですが、膣イキは一回イッても気持ち良さがじわじわと続くんです。
男性でいうところのメスイキと近いですね。
また、女性の子宮は興奮することでチンポを受け入れやすいように下がって来ます。
子宮が下がってくることで一層性感帯にチンポが届きやすくなり、より深く快感を味わうことが出来るようになるというわけです。

その為、何としてでも膣イキを味わいたい!と開発欲に燃える女性が後を絶たないのはこういうわけなのです。

②クリ逝きのやり方・道具


まずは、クリ逝きのやり方、必要な道具についてです。

クリトリスって女性の身体の中で一番敏感で快感を得やすい部分ですし、一番刺激しやすい部分でもあります。
かと言って触っていく内に自然に気持ち良くなるかと言ったらそうではなくて、人によってベストな刺激の仕方も合う合わないとかもあるため、様々な方法を学んで試行錯誤してみる事が大切です。
そして、初心者の方の場合ならばクリトリスに道具を当ててみて、ちょっとふわっとする感じがしたらそのまま道具を当て続けてみましょう。
段々気持ち良くなって来ますので、それを繰り返している内にクリイキが出来ます。
経験者の場合ならば、より刺激を与えてくれる道具を探すのが、より気持ち良いクリ逝きをするための第一歩。

では、どんな道具を使ってみるのが良いんでしょうか?
身近なものから購入が必要なものまで、ご紹介します。

・シャワー

メリットは部屋が汚れない、お風呂で行うので後片付けも楽々、オナニーの場合は実家住みでも邪魔が入ることはそうそうないのでクリ逝きに集中出来る…といったところです。
また、水量を調整する事によって強弱も簡単につけることが出来るため、気楽にクリ逝きに挑戦できます。
デメリットは水道代のみですが、ラブホのシャワーだったら使い放題ですので、パートナーが居る方はラブホでパートナーに思う存分シャワーで開発してもらうのも良いかも。

・綿棒、つまようじ

綿棒をローションで濡らして、優しくツンツンと刺激したり押し付けたり、こすり付ける事で刺激を得ることが出来ます。
それでも物足りない!という方にはつまようじがおすすめ。
先っぽをハサミで少しカットしたつまようじで、クリトリスをツンツン突いてあげましょう。

・化粧筆

化粧筆でクリトリスをさわさわ…と刺激します。
クルクルとフェザータッチをするように意識して刺激を与えると、絶妙な刺激に気持ち良さを感じるんです。

・ローター

毎度おなじみ、ローター。
ローターも今では「これぞアダルトグッズ!」という見た目のものから、部屋に気軽に置けるようなデザイン、それこそアダルトグッズだと絶対気付かれないようなお洒落なものまで多種多様なものがあります。
振動の強さも調整出来たり、静音性の高いものも売られるようになって来ていますので、じっくり選ぶのが良いでしょう。

・電マ(電動マッサージ機)

強い刺激ならばトップクラス、他の追随を許しません。
やり方はクリトリスに当てて、そのまま好みの大きさの刺激に調整し当て続けるだけ。
デメリットは音が大きすぎる事ですので、上から布団をかぶせたりして工夫しましょう。

・クリトリス吸引マシン

片手で持てる、バナナのような形状のクリトリス吸引マシンです。
クリトリスを吸うだけでなく、防水やバイブレーション機能、果てはブラシ機能が付いている物も多く発売されています。
吸引部分と逆側を使えばオマンコへの挿入も可能。
様々な使い方が出来ますが、メーカーによって価格差が大きいので購入時はしっかり吟味しておく必要があるでしょう。

③膣逝き(中イキ)のやり方・道具


お次は膣逝きのやり方・必要な道具です。
ポイントは、Gスポットを見つけること。人によってオマンコの大きさもGスポットの位置も違うので、バイブやディルド等を駆使して、焦らずに気持ち良いポイントを探っていく必要があります。
また、パートナーのチンポで膣イキしたい場合は、パートナーのチンポが気持ち良いところに当たるように調整していくことが大事になって来ます。
気持ち良いところを見つけたら、おしっこが出そうになるような何とも言えないむずがゆい感覚を覚えるはずです。
気持ち良くなるまで、刺激を与えましょう。

・バイブ

バイブも様々な形状のものが発売されていて、大き目なヘッドでGスポットを圧迫するもの、クリバイブを備え付けてあるもの、加圧に応じて自由自在に曲がるもの…枚挙にいとまがありません。 本当に様々な機能を備え付けたものが出回っています。
素材も高級シリコンを使っていたりと侮れません。
まずは初心者向けのバイブを買って、徐々に上級者用のものへシフトしていくのがベターと言えるでしょう。

・ディルド

オマンコ拡張済みの女性向けのものから一般女性向けのものまで、こちらも多種多様です。
バイブと比較して「これぞチンポ」という形状のものばかりですので、いやらしいビジュアルを求めるならバイブよりディルドがオススメ。
強力な吸盤が付いていることが多く、セルフ腰振りプレイが出来ます。
素材はマット加工されていたり玄人向けのこだわりが見えるものがバイブと比較し多いのが特徴、つまりちょっとマニア向けですね。

・プレデターワンド

ビジュアルは一見すると乗馬鞭のようですが、これも立派なバイブです。
膣の奥まで差し込み、リモコンで刺激を調整することによってGスポットのみならずポルチオ性感帯での気持ち良さも狙います。
黒光りする見た目とは裏腹に音は静かで、軟らかくしなるのでクリトリスを刺激したい時にも使えます。

・野菜

これはもう、上記の道具では満たされなくなってしまった(刺激に慣れてしまった)THE痴女向けの道具です。
きゅうり、バナナ、ナス等多岐に渡りますが、コンドームを付ける事を強くオススメします。
人によっては、上記の道具よりも強い快感を得ることが出来るとか。

④まとめ


さて、いかがでしたでしょうか?
普段身近にあるものや、有名だけれど意外な一面があるものを中心に紹介してみました。
そもそもクリ逝きと膣イキの違いを正しく把握してないと、ゴールに分からず走っているようなものですから、違いを正しく把握して適切な道具を使っていく必要があるのですよね。

パートナーの居ない方ならば、パートナーが居なくてもいやらしい気持ちになれるようなオカズをしっかり準備した上でオナニーすることが何よりも大事になって来ます。
何となくで開発をしても意味がないですし、特に膣イキは何となくで出来るものではないのです。
パートナーの居る方なら、お互い盛り上がり過ぎて道具で体を傷つける事のないよう、充分配慮した上で開発を行っていくことが大事になります。
是非、素敵なクリ逝き膣イキ開発ライフを送って下さいね!


人気SMコミュニティ

女王様系サイトランキング

SMサイトランキング

フェチ特殊系サイトランキング



Return to Top ▲Return to Top ▲